前へ
次へ

効率の良い求人で訪問ヘルパーになるのがおすすめ

訪問ヘルパーというのは、要介護者の家を訪れて介護をすることになりますので、施設に勤務して同僚に気を遣うことがないのがメリットです。
一方で訪問ヘルパーには困った時に頼れる人が誰もいないというデメリットもありますので、ある程度施設などで経験を積んでから、訪問ヘルパーに代わってみるという選択がいいかもしれません。
訪問ヘルパーはあちこちの家を回る分、時間配分などを気にしなければならないため、どちらかというとやりたがる人が少ないのが特徴です。
とはいえ、自分の好きな時間に好きなだけ働けることや、身体介護が出来るなら時給は高めです。
日曜祝日だけの訪問ヘルパーになれば、時給が25%アップという求人募集も少なくないため、週に1日だけ働くことができる訪問ヘルパーになるなら、日祝日を選ぶことで、効率よく収入を得ることができます。
時給がアップする日に絞って回れるだけ回ることにすれば、週に1日でもそこそこの収入になるのが訪問ヘルパーの特徴です。

Page Top